未来教育設計|みらきょーぶろぐ

未来に向けて教育を楽しむ Blog

キャリアデザイン前期講義スタート。

吉住|みらきょーシンキング|2011年04月11日(月)23:31
Tag: /

東北の大震災から1ヶ月。
この間、暗いニュースが多く、新聞紙面をあまり読まなくなっていましたが、
今日から始まる大学講義のために、年初めから200件ほどの記事をスクラップしていました。
これを有効に活用したいと考えています。

就業経験がほぼなく、先行きも不透明な日本経済社会の中で、学生が自分のキャリアを描いてみる際に、最初につまづくことは「イメージできない」ということです。
そのため前期講義は、今いる社会を知ること、そして自分の置かれている環境や可能性を知ることにつなげることを目標にカリキュラム設計をしています。

今年は、履修生の中に留学生も多く含まれます。
将来に向けてどのような視点を増やしてくれるか期待しつつ、私は講師として努めます。

一期一会

吉住|みらきょーシンキング|2011年03月08日(火)06:32
Tag: / /

芦屋大学経営教育学部4回生の皆さん、卒業おめでとうございます。

本日の学位記授与式には残念ながら出席できないけれど、
皆さんの晴れ姿を思い浮かべて、心からお祝いしています。

平成19年に起業家精神論を担当することになって、六麓荘の学校へ行き、皆さんと出会いました。

口では言わないもののお互いにかなり緊張していて、異文化交流のような雰囲気からスタートしましたが、
起業家のメンタリティと行動特性を探る授業についてきてくれてありがとう。
理解が容易なカリキュラムではなかったと思うのですが、当時の名簿を見ると、それぞれの質問や反応が思い出されます。

その素直で前向きな個性を輝かせて、社会に出ても活躍してほしいと思います。

講義のなかで「NPO法人経営と社会起業家」についてお話くださった宝塚NPOセンター専務理事の森綾子さんですが、
先月22日にお亡くなりになりました。

いつも凛とされて仕事をバリバリこなされている森さんがそんなにもお身体を悪くされていたとは少しも思わず、私は新聞で訃報を知ることになりました。
なぜ、もっと常に連絡をとっていなかったのだろうと、自分が情けなかったです。

森さんは、行政とNPO事業の良い点、難点ともによくご存知で、言うべきことはおっしゃり、さまざまな工夫と積み上げで
事業を推進し、かつ多くの方を指導されていました。
3年半前の夏、センターでハエ叩きでハエを追って大笑いしながら、近い将来の取り組みについてお話させていただいてから、私が目指していることの目標がクリアできたら、再び森さんに報告に行こうと思っていました。

一期一会という言葉が身にしみます。

今、あなたが会っている人とのこの時間は二度と巡って来ない。

皆さんも、これからさらに多くの人と出会うことになるでしょう。
どうぞ、その一瞬一瞬を大切にしていって下さい。

今年最後の大学講義なので。

吉住|みらきょーシンキング|2010年12月20日(月)23:09
Tag: /

本日はキャリアデザインⅡ第10講義です。

前回講義にて、私がどのような本を読んでいるのかについて興味を持つ学生もいてくれたので、
クリスマスプレゼントがわりに、役立つかもしれない書籍20冊を紹介しました。

強制されて読むのは苦痛ですから無理にとは言いませんが(笑)、
自分の感覚に合う本に出会った時って幸せですよね。
その文章が血となり肉となるような。

それともう一つ、「数字に強くなるにはどうしたら?」のポイント解説もプレゼント。

日常生活や身近に入手できる情報から学べることはたくさんあります。
それに気づこうとするアンテナを立ててもらいたいのです。

先輩社会人のキャリア形成から学ぶ②

吉住|みらきょーシンキング|2010年12月06日(月)23:57
Tag: /

(株)ファーストブランド代表取締役の河本扶美子さんにキャリアデザイン講義のゲスト講師としてお越しいただきました。

ご自身のキャリアの形成、
これからの競争社会を生きる為に必要な4つの要素

1.時間管理力
2.論理力
3.人間力
4.行動力

と、これらを獲得する具体的な方法についてお話くださいました。

河本社長、いつも素晴らしいお話をありがとうございます。

はや師走

吉住|みらきょーシンキング|2010年12月01日(水)21:38
Tag: /

怒涛の11月をなんとか乗り切り、12月です。

リアルタイムサポートシステムの定例会のため、久しぶりに芦屋大学本校へ。

教職員協動で学生を支援することを目的に構築されたシステムですが、
企業で言えば、顧客情報管理システムにあたるでしょう。

事務局メンバーの地道な取り組みがあってこその構築です。
学生の指導や支援を行うベースのシステムとして欠かせないものが出来上がったことを喜ばれています。

女性が働く社会

吉住|みらきょーシンキング|2010年11月29日(月)23:27
Tag: /

本日のキャリアデザイン講義では、男女共同参画社会についても話しました。

我が国の場合、他の先進国と比較して働き盛りの女性の就業率が低く、グラフにするとその年代部分にへこみが出来ることから、「M字カーブ」と呼ばれたりします。

平成22年版の男女共同参画白書によると、

このM字カーブを解消できた場合は、平成21年の女性労働力人口(2770万人)に対して、131万人の労働力人口が生まれるそうです。

また、実際の労働力に就職希望者等も足した潜在的労働力人口で考えると、M字カーブが解消出来ると445万人の増加になるそうです。
131万人は沖縄の総人口に近いですね。

生活者の視点を活かせることからか、農村における女性の起業も年々増加しています。

そういえば、先日ご協力いただいた農商工連携事例のきたやま南山さんの楠本社長様も女性で、古座川ゆず平井の里の総務責任者の倉岡様も女性でした。

社会人になった後のキャリアデザイン

吉住|みらきょーシンキング|2010年11月22日(月)22:44
Tag: /

本日のキャリアデザイン講義では、エドガー・シャイン氏が提唱しているキャリア・アンカーと共に、
ジョン・クランボルツ氏が提唱しているハップンスタンス・アプローチについて紹介しました。

自分のキャリア・アンカーがどのあたりにあるのかを自覚し、極力軸足を定めることは非常に大切だと思う反面、
外的要因に左右されないで人生を歩むことはまず有り得ないため、
この2つの説は同時に伝えておきたいと思ったのです。

予期せぬ出来事が起きて、人生が大きく変わる、仕事が変わることがありますね。

偶然のように見えるのですが、実は偶然の顔して必然がやってくるのではないかと思います。

大学生の就職の現状・課題・対策

吉住|みらきょーシンキング|2010年11月15日(月)23:38
Tag: /

表題について、経営技術コンサルタント協会様にてお話をさせていただきました。

学生の就職難はご承知の通りですが、この事象をどの視点から捉えるかによって話は変わります。

そこで、産業界側、大学側、学生側の3つの方面の現状・課題・動き(対策)をお伝えすること(あくまで私が知りえている情報のみになりますが)を試みました。

先輩社会人のキャリア形成から学ぶ①

吉住|みらきょーシンキング|2010年11月15日(月)21:35
Tag: /

ライター、エッセイストの灰谷幸さんにキャリアデザイン講義のゲスト講師として大学にお越しいただき、ご自身のキャリアの形成についてお話していただきました。
学生にもわかりやすく伝えて下さり、本当にありがとうございます。

~灰谷さんよりの言葉(一部抜粋)~

「働く」ということは「食べていく」ということ。
「働く」ことで「自分が必要とされている」ということを実感できる。

他人と比較して劣っていても恥じる必要はない。
過去の自分と比較して劣っていたら、それは恥だ。
・・・昔、上司の方から諭された言葉として。

人生の事実は変えられないけれど、価値は変えられる。

何を仕事と捉えるか、何のために仕事をするのか。

吉住|みらきょーシンキング|2010年11月08日(月)22:27
Tag: /

昼からの大学講義では、仕事とキャリア形成のテーマで、「仕事(職場)で求められること」の話をしました。

社会人基礎力の話をしましたが、これはあまり響かなかったかもしれない。

夕方からは以前一緒に仕事をしていた友人(後輩)のキャリアの相談にのっていました。
彼女は既に多くの社会経験を積んでいるので、私がサポートするのは彼女のココロと頭の整理の機会になることだけです。

今、振り返って思うに、20代の頃は自分がやりたいものや得意なものを仕事に出来る方策ばかりを探していたような気がします。
独立してからは、仕事を無事納品することが先決であり、好き嫌いや得意不得意を言っている場合ではなくなりました。
知らなければ調べる、前例がなければ方法を考えだす、なんであれ出来る方法を見つける、とにかくやるだけ。
それが本当の仕事なんでしょうね。
その結果、お客様が困っていたこと、出来なかったことを解決して喜ばれる。

この経験をして自分が役立てると自信が持てた時、その人にとっての「仕事」の意味は変わるように思います。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

Mラボ -地域企業と大学生のマッチングラボラトリー-

ひょうご起業ものがたり

新卒採用活動応援キット

2010年注目企業 イノベーションズアイ

カテゴリー

タグ

関西 沖縄 市場視点 地域活性化 無用の用 起業家支援 就労支援 関東 働き方 中四国 九州 学び支援 農商工連携・6次産業化 東北 北海道

最近の記事

アーカイブ

コメント&トラックバック

拠点新たに直往邁進
自営型テレワークの潜在能力
初日の出
ウシ馬マークのポートアイラ..
遊学舎が沖縄で生まれました。

未来教育設計メニュー