未来教育設計|みらきょーぶろぐ

未来に向けて教育を楽しむ Blog

紅茶専門店が御影にオープン!

吉住|みらきょーシンキング|2014年10月18日(土)13:31
Tag: / /

人材採用の応援コンサルティングに伺っています
神戸紅茶様の店舗が御影に本日オープンされました。

http://www.kobe-tea.com/

日本のティーバッグ第1号を製造した会社です。
9月初旬は下司社長が安倍首相に同行してスリランカへ訪問されました。
古くからセイロン紅茶で結びついています。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/page3_000901.html

今日からは「ひがしなだスイーツめぐり」も始まります。
食欲の秋に、ケーキと紅茶はいかがでしょうか。
(・・・といいつつ、私は食べ過ぎないように注意しなければ)

http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/higashinada/oshirase/topix/sweetsmeguri.html

冬にはやっぱりミカン

吉住|みらきょーシンキング|2012年12月26日(水)21:41
Tag: /

和歌山のO様から早和果樹園の「味一みかん」を贈っていただきました。
いつもお気遣いいただきましてありがとうございます。

実がしっかりしていて、味が濃厚で美味しいです。

今年はわが家も事務所もみかん天国(笑)

null

地域活性化に重要な事業計画書づくり

吉住|みらきょーシンキング|2012年04月20日(金)22:58
Tag: / /

新規事業起ち上げを専門とする弊社では、
地域の農産物や観光資源を元に新商品を開発して事業を起こしたい方のお手伝いもしています。

12月~3月の間は和歌山のみなべ町へ伺っていました。

あの南高梅で知られる町ですが、それだけでなく海産物、備長炭などを保有してきた地域です。

しかしこの地域でもやはり第一次産業は危機にさらされています。

従来の産業や観光モデルの成功体験をひきずるのではなく、今の市場に対応できるスタイルに変わっていかなければなりません。

私たちの地域のために、私たちがやれることがあるはずだ!と立ち上がったメンバーのやりたいこと、現在の状況を伺って、事業化に向けての情報整理、計画書への落とし込み、新商品の取捨選択を一緒にやりました。
↓↓↓

6次産業化サポート人材活動支援プログラム
http://www.fmric.or.jp/6sapobank/support/index.html
(農林水産省より社団法人食品需給研究センターが受託・実施している事業です。)

●和歌山県みなべ地域「人と地域」生命の蘇りプロジェクト●
http://www.fmric.or.jp/6sapobank/support/2011/03yoshizumi.pdf

わが国の食料自給率は39%まで落ちていますが、自分たちの食べるものを自分たちで守っていきたいと思います。

null

人と牛とふる里を育てる放牧畜産研究会

吉住|みらきょーシンキング|2011年08月02日(火)03:26
Tag: /

株式会社きたやま南山の楠本社長が仲間の方々と共に、
「人と牛とふる里を育てる放牧畜産研究会」を立ち上げられました。

分かりにくい牛肉の世界を、生産と消費までをつないで
いっしょに夢のある畜産のあり方を考えようとされています。

8月4日には勉強会もあるそうです。
私は仕事が重なってしまって今回は残念ながら参加出来ませんが、農商工連携等の仕事を通じて、自分たちの食生活について知らなさすぎることを日々感じておりましたので、このような研究会はぜひ続けて頂きたいと思います。

ご紹介させていただきます。

日 時 2011年8月4日(木) 午後3時半~午後6時半
会 場 京都・北山通り きたやま南山 4F 会議室

スケジュール
 ①午後3時半~  
 耕作放棄地で育つ「地備栄短角牛」まもなく出荷!
 ~岡山県高梁市の限界集落での取組み事例~
   講師:高梁短角牛生産組合 事務局長 徳田 匤彦 氏
                
 ②午後5時~   
 人も牛も幸せになるために
 ~日本の畜産の現状と「放牧畜産」の可能性~
   講師:㈲シェパード 代表 獣医師 松本 大策 氏

お申込 TEL(075)-722-4131 ㈱きたやま南山

7月23日の京都新聞記事にも紹介されています。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20110722000107

農業も商業もがんばれ~。先進事例の報告書出来ました。

吉住|みらきょーシンキング|2011年05月26日(木)17:57
Tag:

昨年度、委員を務めました農商工等連携促進対策事業の報告書がようやく冊子になりました。

「報告書」というと、とてもカタイ感じで伝わると思うのですが・・・確かに国の事業なのでカタイです。f(^^;

ただ、中身は全国でがんばる農業者さん、商業者さんの連携等の先進事例が掲載されています。
大阪のルクアにも出店している「モクモクファーム」さんや、TV番組でご覧になった方も多いと思いますやさい直売所の「マッちゃん」さんも。

ちなみに私は近畿圏担当で、ゆずの製造販売をされている「古座川ゆず平井の里」さんと、京たんくろ和牛を提供される「きたやま南山」さんをご紹介させていただきました。

品質や安全にこだわり、どのような工夫で商品化や販路開拓にこぎつけているのか、そんな実話が知りたい方にぜひご覧になっていただきたいです。

(財)食品産業センターがウェブサイトで報告書を公開しています。
平成22年度農商工等連携促進対策事業報告書
http://www.shokusan.or.jp/sys/upload/608pdf1.pdf

null

放射性物質の食品影響に関する緊急シンポジウム

吉住|みらきょーシンキング|2011年04月09日(土)07:16
Tag: /

ずっとニュースを確認するわけにもいかず、途切れ途切れに情報を見ているせいかもしれませんが、放射性物質そのものについての知識や、影響が出ざるを得ない農産物や範囲などがよく理解出来ておりません。

現在の状況下で、間違いのない情報をきっちりまとめて公開することは困難なのでしょう。
せめて風評に惑わされないよう、自分自身で判断できる知識を持ちたいものだと思っていたところ、「放射性物質の食品影響と今後の対応」についてのシンポジウムの案内が来ました。

開催地がつくばのため、行けない方も多いかもしれませんが、情報共有します。

私も行きたかったのですが、大学講義と重なりNGです。
主催者の食総研さんが終了後、ウェブサイトに情報公開されることを期待して。

***************

食総研主催・緊急シンポジウム「放射性物質の食品影響と今後の対応」

食品総合研究所では、今回の原子力発電所の事故による、食品への影響を、科学的根拠に基づく正確な情報発信のため、放射線物質の基礎から、その食品影響について、専門家のご講演による、緊急シンポジウムを開催することとなりました。

■案内パンフレット 
 http://www.nfri.affrc.go.jp/topics/pdf/annai20110418.pdf

 日時:平成23年4月18日(月)13:00~15:40
 場所:つくば国際会議場 大ホール(つくばエクスプレス・つくば駅より徒歩10分)
    茨城県つくば市竹園2-20-3
    http://www.epochal.or.jp/access/map_shuhen.html
 参加費:無料
 申込〆切:4月18日(月)9時
 申込方法:食品総合研究所ホームページの専用サイトから申込
      https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/naro103/nfrisymrc

■お問い合せ先
 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 情報広報課 西田
 〒305-8642 つくば市観音台2-1-12
 TEL:029-838-7992, FAX:029-838-8044,
 E-mail:nfri-regist@ml.affrc.go.jp

****************

奈良県における新たな農商工連携推進戦略構想

吉住|みらきょーシンキング|2011年04月01日(金)16:52
Tag: /

(社)食品需給研究センター、奈良県、奈良県中小企業支援センターのワーキンググループで取り組んでおりました農商工連携推進戦略づくりが終了し、その構想が冊子にまとめられました。

この構想書は、今後の奈良県植物機能活用クラスター協議会の活動に役立ててもらえるように、
◆県が支援すべき農商工連携プロジェクトの可能性を提案
◆支援すべき農商工連携プロジェクトに対する県等の支援のあり方について提案
◆奈良県のポテンシャルや推進の方向性等の情報を提供
しています。

弊社:吉住も食品需給研究センターの客員研究員として参加し、農商工連携コーディネーターの視点から、奈良地域の地域資源の見つめ直し、そのポテンシャルの整理のお手伝いをするとともに、今後の農商工連携推進に向けた考え方をご提案させていただきました。

主な内容は下記のとおりです。
・農商工連携にかかわる地域ポテンシャル
・地域ポテンシャルをもとにした重点分野についての考察
・奈良県食料産業のSWOT分析
・奈良県のポテンシャルが活かせる推進領域
・農商工クラスター形成に向けた行政支援のあり方

参考資料として、下記も記載されています。
・公設試、県内大学の技術シーズ一覧
・農商工連携を進める上で活用できる事業一覧
・関係機関一覧

null

全79ページの内容につきましては後日に
(社)食品需給研究センターのホームページにアップされる予定です。
http://www.fmric.or.jp/foodcluster/main/seika/index.html

特に奈良の農商工に関わる事業者の方や、ご関心をお持ちの方、関係支援機関の方にご高覧いただければ幸いです。

奈良県シンポジウムにて

吉住|みらきょーシンキング|2011年03月18日(金)23:30
Tag: /

奈良県新公会堂で行われる農商工連携を通じた地域産業活性化に向けてのシンポジウムに参加しました。
震災の影響で最終成果物の冊子化は間に合わず、東京の事務局も参加自粛するということになりましたが、
被災地の方々への思いを胸にいだきつつ、今後の一歩を踏み出すために開催されました。

近鉄奈良駅から県庁、春日大社と20分ほど歩くと新公会堂に着きます。
奈良公園の一角にあるとてもりっぱな建物で、奈良県置県100年を記念して昭和62年に開設されたそうです。
瓦13万枚以上使っている屋根は日本一広く、入ってよいものか戸惑うような外観ですが、中から見ることが出来る庭園は一見の価値ありです。
レセプションホールや能楽ホールがあります。奈良は能楽発祥の地でもあります。

null

道すがら見た鹿の姿にほっとさせられました。
連日、東北大震災のニュースを見てちぢかんでいた心が少しほぐれたような気がします。

null

日々は流れていきます。自分に出来ることをしっかりやらねばなりません。

6次産業化の行方

吉住|みらきょーシンキング|2011年03月04日(金)23:59
Tag:

年度末の3月に入り、各調査事業の報告書や最終資料が順次作成されています。

今日は平成22年度農商工等連携促進対策事業の検討委員会最終回でした。

農商工連携先進事例と6次産業化先進事例が各8つで合計16事例の調査報告と、全国8ヶ所での研修会結果がまとめられ、相当に分厚い報告書原稿となっていました。
生産者、事業者の方々の挑戦と試行錯誤の取り組みがひしひしと感じられます。

私は近畿地区の先進事例を担当させていただきました。
お忙しい中、調査、取材に応じてくださり、研修報告会にも登壇くださいました
㈱きたやま南山の楠本貞愛社長様、農事組合法人古座川ゆず平井の里の倉岡有美様、
誠にありがとうございました。
ますますのご発展をお祈りすると共に、一消費者としても応援しております。

ちょっと独り言。
昨年12月初めに6次産業化法が公布され、「農商工連携」と「6次産業化」の違いや、事業者同士の提携との切り分け等について、もっと明確にすべきだという話を聞くことが多くなりました。

しかし、事業者が生き残ることを考えた際の方策の一つとして異業種と組むことは決して珍しいことではなく、ごく一般的なことだと思います。

法律の枠組みや範囲によって、まず支援者側が混乱するのはいつものことで、グッドプラクティスが見えるまでは致し方ない気もしますが、現場(利用者)にまで混乱を引きずることのないよう、新しい施策が、分かりやすい、使い勝手の良いものになることを願っています。

奈良県地域構想書ワーキング第5回

吉住|みらきょーシンキング|2010年12月02日(木)23:57
Tag: /

「大和のうま酒」と言われますとおり、奈良は日本清酒発祥の地です。

奈良県酒造組合さんによると、
古来、日本における米は生命のエネルギーそのものであり、
その米から作られる日本酒は、神と人をつなぐ聖なるものとして存在したそうです。

神事と結びつきながら受け継がれてきた日本文化でもあるわけですね。

ワーキング終了後、奈良らしいお酒を求めて日本古来の酵母で作った「菩提もと」と呼ばれるお酒を探し回りましたが、近鉄奈良駅近辺では見つからず。
流通の点でも課題が見えてきました。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

Mラボ -地域企業と大学生のマッチングラボラトリー-

ひょうご起業ものがたり

新卒採用活動応援キット

2010年注目企業 イノベーションズアイ

カテゴリー

タグ

関西 沖縄 市場視点 就業教育 無用の用 起業家支援 就労支援 関東 働き方 中四国 九州 学び支援 農商工連携・6次産業化 東北 北海道

最近の記事

アーカイブ

コメント&トラックバック

拠点新たに直往邁進
自営型テレワークの潜在能力
初日の出
ウシ馬マークのポートアイラ..
遊学舎が沖縄で生まれました。

未来教育設計メニュー