地域活性化に重要な事業計画書づくり|未来教育設計

みらきょーシンキング

地域活性化に重要な事業計画書づくり

吉住|みらきょーシンキング|2012年04月20日(金)22:58
Tag: / /

新規事業起ち上げを専門とする弊社では、
地域の農産物や観光資源を元に新商品を開発して事業を起こしたい方のお手伝いもしています。

12月~3月の間は和歌山のみなべ町へ伺っていました。

あの南高梅で知られる町ですが、それだけでなく海産物、備長炭などを保有してきた地域です。

しかしこの地域でもやはり第一次産業は危機にさらされています。

従来の産業や観光モデルの成功体験をひきずるのではなく、今の市場に対応できるスタイルに変わっていかなければなりません。

私たちの地域のために、私たちがやれることがあるはずだ!と立ち上がったメンバーのやりたいこと、現在の状況を伺って、事業化に向けての情報整理、計画書への落とし込み、新商品の取捨選択を一緒にやりました。
↓↓↓

6次産業化サポート人材活動支援プログラム
http://www.fmric.or.jp/6sapobank/support/index.html
(農林水産省より社団法人食品需給研究センターが受託・実施している事業です。)

●和歌山県みなべ地域「人と地域」生命の蘇りプロジェクト●
http://www.fmric.or.jp/6sapobank/support/2011/03yoshizumi.pdf

わが国の食料自給率は39%まで落ちていますが、自分たちの食べるものを自分たちで守っていきたいと思います。

null

TrackBack URL:http://www.miraikyoiku.jp/weblog/773.tb

トラックバック

トラックバックはまだありません。

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Mラボ -地域企業と大学生のマッチングラボラトリー-

ひょうご起業ものがたり

新卒採用活動応援キット

2010年注目企業 イノベーションズアイ

カテゴリー

タグ

関西 沖縄 市場視点 地域活性化 就業教育 無用の用 起業家支援 就労支援 関東 働き方 中四国 九州 学び支援 農商工連携・6次産業化 東北 北海道

最近の記事

コメント&トラックバック

拠点新たに直往邁進
自営型テレワークの潜在能力
初日の出
ウシ馬マークのポートアイラ..
遊学舎が沖縄で生まれました。

未来教育設計メニュー