自営型テレワークの潜在能力|未来教育設計

みらきょーシンキング

自営型テレワークの潜在能力

吉住|みらきょーシンキング|2011年05月19日(木)13:15
Tag: / /

ここ数日、過ごしやすい気候で嬉しいですが、夏に向けて気がかりなことは、やはり節電対策です。

災害や危機に見舞われた際のリスクマネジメントとして、あらかじめ生産拠点やデータセンターを各地に分散させている企業もありますが、それには多大なコストがかかります。また、このような電力危機への対応となると働く時間帯や場所などの働き方まで調整せざるをえません。

在宅ワークを導入することがその一助になるのではないか、という検討がなされ、テレワークによる電力消費量・コスト削減効果を試算したものを総務省が発表しました。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000113937.pdf

企業のBCP(事業継続計画)の一つとして、雇用型テレワークを前提に考えられていますが、自営型テレワークが拡大することでもっと柔軟なリスクマネジメントにつながると私は思います。

ネットニュースで見かけたのですが、ゴールドマンサックスの公開レポートによると、
日本の女性就業者の割合を男性の就業率と同じ80%まで上げれば、820万人の労働力創出となり、GDPを15%向上させる刺激剤になるらしいです。
労働力人口が増えたからといって即、仕事(就業)とマッチングし、国内総生産の数値に反映されるとは思えませんが、大きな視点で見れば、少子高齢社会であり、かつ外国人就業者数を増やせる体制が未熟な我が国では、従来良しとされた働き方に固執するのではなく、男女共に働きやすくなることが最重要であり、そこに自営型テレワークの可能性が多く眠っている、とやはり思うのです。

TrackBack URL:http://www.miraikyoiku.jp/weblog/736.tb

トラックバック

トラックバックはまだありません。

コメント

無料・低価格Web会議&Webコラ2011年05月22日(日) 05:51

はじめまして。

Web会議サービスSaasBoardを提供、テレワークや在宅勤務をICTの仕組み面から支援しています。
少子高齢化に伴う労働人口およびGDPへの影響に対する一解決手段としてのテレワークの位置づけ、まさにその通りと思います。
「雇用型」「自営型」どちらにしても、メリットを拡大しリスク・懸案事項を縮小するしくみを提供してゆく上で、貢献していきたいと考えています。

上記に関して、テレワークの意識調査でこのようなものがあります。
http://www.jotsugakkai.or.j...
お役に立ちましたら幸いです。
無料・低価格Web会議&WebコラボレーションSaasBoardブログ
http://blog.goo.ne.jp/neuronet

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Mラボ -地域企業と大学生のマッチングラボラトリー-

ひょうご起業ものがたり

新卒採用活動応援キット

2010年注目企業 イノベーションズアイ

カテゴリー

タグ

関西 沖縄 市場視点 地域活性化 就業教育 無用の用 起業家支援 就労支援 関東 働き方 中四国 九州 学び支援 農商工連携・6次産業化 東北 北海道

最近の記事

コメント&トラックバック

拠点新たに直往邁進
自営型テレワークの潜在能力
初日の出
ウシ馬マークのポートアイラ..
遊学舎が沖縄で生まれました。

未来教育設計メニュー