バレンタインチョコってやっぱり重要なんですね。|未来教育設計

みらきょーシンキング

バレンタインチョコってやっぱり重要なんですね。

吉住|みらきょーシンキング|2011年03月28日(月)23:44
Tag: /

大阪からJR紀州路快速に乗って、Z子、Sっちと一緒に、新家(泉大津市)に移住された恩師のT先生を訪ねました。

お一人暮らしで不自由されていないかなと気がかりだったのですが、長閑な土地柄のところで悠々自適されていることがわかり安心しました。

夕方までお邪魔して、先生の好物らしい買い置きのプリンも三人でちゃっかり頂戴してしまいました。
先生、甘いものの取り過ぎはよくないですよ。(笑)

それはそうと・・・
今年の年賀状の写真がふざけていると親戚からブーイングだったとおっしゃっていましたが、

当然です。

私も見た瞬間、「いつの間にこんな若い奥さんもらってたの!?」って思いました。

毎年、スキーをされている写真を入れていたところ、行かれなくなったことから、若い教え子とのツーショット写真を入れてみた、というのが真相だったわけですが。

同窓会では10歳以上の年齢さば読みを告白され、三年前には突然の行方不明、Z子より次々と発覚する我が道をいく的なT先生情報。

先生像がちょっと(かなり?)崩壊した私としては、
頭の片隅に「ありえなくないかも・・・」と浮かび、笑うに笑えない年賀状だったので。

姪御さんが湯船選手の奥さんだそうで、「湯船選手とのツーショット写真のほうが良かったかなあ~」と笑う先生を見て、

『絶対、そうでしょう!』ってものすごくつっこみたかったですけど!

私はヘタレなのでZ子がしっかりダメ出ししてくれて良かった。

81歳になられたT先生。
モテる要素も健在で、未だに身内以外からバレンタインチョコをもらわれているようですが、いつまでもお元気で、おばさんになった教え子の私たちにもたまには会っていただけると嬉しいです。

TrackBack URL:http://www.miraikyoiku.jp/weblog/724.tb

トラックバック

トラックバックはまだありません。

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Mラボ -地域企業と大学生のマッチングラボラトリー-

ひょうご起業ものがたり

新卒採用活動応援キット

2010年注目企業 イノベーションズアイ

カテゴリー

タグ

関西 沖縄 市場視点 地域活性化 就業教育 無用の用 起業家支援 就労支援 関東 働き方 中四国 九州 学び支援 農商工連携・6次産業化 東北 北海道

最近の記事

コメント&トラックバック

拠点新たに直往邁進
自営型テレワークの潜在能力
初日の出
ウシ馬マークのポートアイラ..
遊学舎が沖縄で生まれました。

未来教育設計メニュー