未来教育設計|みらきょーぶろぐ

みらきょーぶろぐ

経営者で在り続けることは

吉住|みらきょーシンキング|2007年03月22日(木)23:44
Tag:

株式会社ベルリーナの中島社長の御会社がこの春、創立31年目を迎えられるそうです。記念会へのお誘いをいただきました。お祝いにかけつけたいと思っています。
大変お忙しい方でありながら、会報の表紙に毎回、丁寧で美しい日本画を描かれています。いつも笑顔で活動的で多くのお客様(ファン)を惹きつけていらっしゃいます。そんな中島社長ですが、今回のご挨拶状に、「創業以来ひたすら本物の商品・本物の仕事・本物の企業を目指して前進してきたつもりでおりましたが、現実にはとても私自身が心に描いていたようには参っておりません。」とお書きになっているのを拝読して驚きました。
経営者である限り「これでよし」はないということでしょうか。私も先達に習って、どこまで行っても次を模索する自分で在り続けたいと思います。

現在、中島社長が登場されている「キリン関西スマイル・スマイル」コーナー(1ヶ月間)

さくら夙川駅が開業。

吉住|みらきょーシンキング|2007年03月20日(火)23:08
Tag: /

JR神戸線に新駅が誕生しましたね。毎年桜の頃に苦楽園口あたりに友人らと集まります。私の家が西ノ宮ですので、国道2号線から夙川沿いを北上しながら花見の会を目指すのですが、まったり気持ちが和みます。緑が多くて、北に山、南に海が在るこの地域が私はやっぱり好きですね。しかし昔に較べて弱ってきている桜の木が目立つのが少し心配です。

ところでこのさくら夙川駅が開業となると同時に、「西ノ宮」駅の「ノ」がとれて「西宮」駅になりました。なんの関係性があるのかしら?と疑問に思っていましたところ、TVニュースが語ってくれました。
以前から駅名を西宮に改名したかった西宮市と、新駅設置に多額のお金が必要だったJR西日本が、兵庫県の補助金を活用することによって、双方がメリットを享受し、実現となったそうです。補助金の使途に微妙な違和感を覚えつつ、技ありってとこなんでしょうか。。。

嬉しいニュース

吉住|みらきょーシンキング|2007年03月11日(日)23:42
Tag:

沖縄企業留学に大阪から参加していたS水さんが、沖縄で就職を決めたことを知りました。(詳細はYUKKEさんの記事をどうぞ。)
おめでとう。よう、がんばりはりましたね!

このチャンスをものにするために絶対やめちゃだめよ。
石の上にも三年。そうしたらもう一つ大きく道が開けるから。

ピカチュウ車

吉住|みらきょーシンキング|2007年03月04日(日)23:11
Tag: /

乗ってみたいですよね(笑)

まずはフェイスを。
070303pikachu01

車体はこんな感じ。
070303pikachu02

一番キュートな後ろ姿も見てもらわなくっちゃ。
070303pikachu03

ジェロントロジー国際総合会議

吉住|みらきょーシンキング|2007年03月03日(土)23:07
Tag:

ジェロントロジーという学問があることを知りました。老人に関するすべての学問を指し、人は生涯社会参加しながら社会と交流しつつ個人のライフキャリアを積み重ねることから、「創齢学」とも呼ばれているようです。
日本ケアフィットサービス協会では、いかに良い齢を重ねて生き生きと暮らすかというこの考えを、理念・思想でとどまらせることなく、実践の動きにされています。介護福祉を「措置」ではなく「ケアフィット(サービス介助)」と捉えて高齢な方や障害のある方が安心できる社会的心理的環境づくりを目的としているとのこと。
高齢社会の日本でどのようにジェロントロジーを捉え進めていくのかに興味を覚え、宜野湾の国際会議に参加してみました。

あるプログラムで川崎医療福祉大学教授の武田則昭氏がITとジェロントロジーの関係を取り上げていらっしゃいました。なるほどと思ったので、覚えていることを少し記します。
・「ITとジェロントロジーの問題」は、年齢効果・時代効果・ライフコースの三視点から捉えることができる。
・記憶と人間社会生活の関係性を過去・現在・未来と見ていくと、そこにはコンピュータの進化・深化が密接に関わっている。
<過去(=IT非依存脳の社会)>
人は、「自分の中の記憶」と「他人の中の記憶」のやりとりの中で生活していた。そのため脳内記憶率は大きかった。
<現在>
人は、「自分の中の記憶」と「他人の中の記憶」と「CPUの中の自分・他人の記憶」のやりとりの中で生活する。ホワイトカラーの労働時間の70%は情報を探し出すために使われていると言われるように脳内記憶率は過去に比べると小さくなっている。
<未来(=IT依存脳の社会)>
考え、判断する素材の多くは頭の中になく、コンピュータのメモリの中にある。
・つまり、例えば1950年代に生まれた人と1990年代に生まれた人が共に生活するということは、IT非依存脳とIT依存脳の混在社会になるわけだから、その中でジェロントロジーを考えていかなければならない。

ジェロントロジーは一部の人だけの話ではないことがイメージ出来ました。

墓文化の違いからでしょうか・・・

吉住|みらきょーシンキング|2007年03月02日(金)23:58
Tag: /

えっ、売土地ではなくて・・・売墓!?
070302haka

離島活性化人材育成カリキュラム検討委員会

吉住|みらきょーシンキング|2007年03月01日(木)23:06
Tag: /

2年前から始まった離島活性化人材育成プログラム開発事業(沖縄県委託)の最終日を迎えました。石垣、宮古から始まって、与那国、伊平屋、伊是名、伊江、粟国、渡名喜、久米、座間味、渡嘉敷、津堅、久高、北大東、南大東の島の人たちと会って、共に様々なことを感じ、思い、考えました。
島おこしのきっかけとなるカリキュラムは幸いにもご提供出来たのではないかと思っております。
が、今歩みを止めては意味がないのです。
「昨日までの島おこしの唄」が「今日からの島おこしの唄」に変わるために・・・・・

あ:あこがれ、あきらめ
し:しがらみの中で
た:誰かがやると他力本願
の:のんびり問題先送り
し:しんどい事は大キライ!
ま:まあまあ暮らせりゃいーじゃないか、と、泡盛飲って南の島の日が落ちる

あ:あなた自身が本気になれば
し:親戚、友人集まって
た:楽しいアイデアあふれでる
の:飲めや歌えの企画会議
し:しまの人の力が集い
ま:ますますヤル気が湧いてくる あー湧いてくる

 by高知の松崎さん

«Prev || 1 · | Next»

Mラボ -地域企業と大学生のマッチングラボラトリー-

ひょうご起業ものがたり

新卒採用活動応援キット

2010年注目企業 イノベーションズアイ

カテゴリー

タグ

市場視点 沖縄 地域活性化 関西

最近の記事

アーカイブ

コメント&トラックバック

拠点新たに直往邁進
自営型テレワークの潜在能力
初日の出
ウシ馬マークのポートアイラ..
遊学舎が沖縄で生まれました。

未来教育設計メニュー