Educationの視点|未来教育設計

Educationの視点

企画・設計の視点

例えば、お客様からこんな声を聞きます

そのため私共では、現代社会の課題・ニーズから、社会と人材成長の関係性を、対象年齢と学習テーマから3つの分野に分けて考え、就業教育・ビジネス人材育成を設計し、ご提供しています。

1.企業人準備教育

これから日本国を創る子どもたちへ
主対象:若年者層
テーマ:子どもの就労観・社会観の育成

2.生涯就業教育

子どもを生む力を持ち、明日の生活を創る女性の方々へ
主対象:主婦・就労希望女性
テーマ:女性が活き活きと働けることを応援。

3.高度ビジネス人材育成

より向上を目指して経済活動に参画したい方々へ
主対象:社会人/起業家予備軍
テーマ:マネジメントスキルを磨いて、自身のさらなる可能性を拡げることを応援。

ベースとしているのは…起業家(的)精神教育
現代社会でよりよく生きるための力として、すべての人が潜在的に持っている自想自学自創の精神をより引き出し、強固にすることをベース(基本)の考え方として上記1、2、3の各プログラム設計を行っています。

Mラボ -地域企業と大学生のマッチングラボラトリー-

ひょうご起業ものがたり

新卒採用活動応援キット

2010年注目企業 イノベーションズアイ

就業教育・ビジネス人材育成一覧

未来教育設計メニュー