専門研究所レポートa.IM米国研修の様子|未来教育設計

専門研究所レポートa.IM米国研修の様子

インキュベータ・マネージャー米国研修の様子

IBI technology industrial ingrid nbia office

写真は上から順に、InternationalBusinessIncubator、TechnologyInnovation Center、 Industrial ResearchLaboratory、IBIイングリット氏(左)、NBIAワークショップ講師と、入居者Officeからの眺め

訪問インキュベータ等

IBI(International Business Incubator)

1996年に設立され、主にサンノゼ市とサンノゼ州立大学の支援によって運営されている。米国マーケットへの参入を目指す外国企業が効率的な事業展開をするために入居可能なインキュベータ。

マネジメント・ディレクターのIngrid Rosten氏の考えるIBIのコンセプト、運営手法は大変明確。BI運営手法等について意見交換する。

Software Business Cluster

1994年にサンノゼ州立大学、サンノゼ開発公社の協力を得て設立されたインキュベータ。

75%がサンノゼでビジネスを立ち上げるなど、地域定着率が高い。Equity獲得などインキュベートの実質効果が出ている。

US-Japan Business Incubation Center

2000年にIBIの協力のもとジェトロが設立したインキュベータ。日本のITベンチャー企業のシリコンバレー進出支援を行っている。

Technology Innovation Center

ノースウェスタン・リサーチ・パークの一部として1986年に設立された。コア技術を持つテクノロジー志向の起業の育成を重視し、16年間で258の卒業企業を育てた実績あり。シカゴ、エバンストン市。
IMであるTim Lavengood氏のマネジメントの考え方、IMと入居企業のあり方について考え学ぶことが多々あった。

NBIA

1985年に設立された全米ビジネス・インキュベーション協会。インキュベータのミッションとフォーカスを重要視するビジネステクノロジーセンターのエグゼクティブ・ディレクター:David J.Cattey氏とソフトウェアビジネスクラスターのマネージング・ディレクター:Chuck Erickson氏のワークショップではインキュベータの成功の捉え方について考察出来た。
ダイナ・アトキンス女史とは東京にて後日お会いする。

研修プログラム内容

Mラボ -地域企業と大学生のマッチングラボラトリー-

ひょうご起業ものがたり

新卒採用活動応援キット

2010年注目企業 イノベーションズアイ

創造プロジェクト(実績事例)一覧

未来教育設計メニュー