未来教育設計

事務所アクセス

未来教育設計 

〒662-0911
西宮市池田町12-33
電話&FAX番号:0798-36-1598
E-mail:info☆miraikyoiku.jp (お手数ですが☆部分を@に変更して下さい)
URL:http://www.miraikyoiku.jp
営業時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00

兵庫県西宮市の南側ってどんなところ?

弊事務所があります西宮市(にしのみや)は、
大阪・神戸のほぼ中間に位置し、どちらの都市にも電車で約15分という、便利な場所に位置しています。
文教住宅都市として発展してきました。

新年の福男選びや十日えびすで有名なえびす神社の総本社の西宮神社や、名水「宮水」を扱う「白鹿」「白鷹」「日本盛」などの酒造工場地帯へはJR西宮駅から歩いて20分程度で行くことが出来ます。

国道二号線沿いに西へ行けば、日本さくらの名所100選に選ばれた夙川にあたり、春にはここから北上しながら桜を楽しんでいます。

少し以前にパワースポット巡りが流行りましたが、
私のお薦めは、祭事がない時の静かな西宮神社の神池です。
池の上に浮かぶ島なのですが、こちらに立つとまた違う空気を感じます。
御本殿に参拝された後、こちらも巡ってみられてはどうでしょうか。

また国道2号線を渡って南下すると松原神社があります。
松原町という地名のとおり、はるか昔は、この付近一帯はかつて白砂青松の海辺でした。
その美しい景色は万葉集にもうたわれています。

高市連黒人(たかいちのむらじくろひと):
 吾妹子に 猪名野は見せつ 名次山  角(つぬ)の松原 いつか示さむ

大伴旅人の供の者:
 海少女(あまおとめ)漁(いさ)り焚く 火のおぼほしく 都努(つぬ)の松原 思もほゆるかも

風光明媚な観光地として、また港としても栄えていた土地でした。
この地に残る織姫伝説によると、応神天皇の時代に呉の国から2人の工女、綾織(あやはとり)と呉織(くれはとり)が来ましたが、天皇が亡くなったことを知って、神社の向かい側にある染殿池(そめどのいけ)で糸を染めて布を織った、とのこと。

津門首(つとのおびと)という大豪族が住んでいた頃は神社も栄えていましたが、河川の氾濫により港が機能しなくなり衰えていったようです。

その後、九州の大宰府に流される途中で、このあたりの美しい松原を見て休息したと伝えられる菅原道真が祭神となり、松原天神として親しまれるようになったそうです。

近隣に、学問の神様:菅原道真公と商売繁盛の神様:えべっさんがいらっしゃる、そんな町に弊事務所はあります。
matubara2 matubara

Mラボ -地域企業と大学生のマッチングラボラトリー-

ひょうご起業ものがたり

新卒採用活動応援キット

2010年注目企業 イノベーションズアイ

会社概要一覧

未来教育設計メニュー